ハイドロキノンクリーム 市販 ランキング

ハイドロキノンクリームを使って赤みや痒みなどの副作用がでたら?

ハイドロキノンの使用では、肌に合わずに刺激を感じたり炎症やアレルギー反応を起こす方がまれにいます。

一部は副反応といわれるもので、徐々に症状が治まっていくことが多いのですが、赤みやかゆみなどが続くような場合は使用を中止して医師に相談する必要があります。

 

そのような副作用を起こさないためにも、安定化された低刺激のハイドロキノンが配合されたものを使うのが安心です。
多くの化粧品メーカーが独自の浸透技術や安定化したハイドロキノンを配合したドクターズコスメを販売しており、そういったものを選んだりトライアルがあるものを試したり、事前にパッチテストをするなどして自分の肌に合うかを確かめてから使用することをおススメします。

ハイドロキノンクリームを安全に使うために

パッチテストを行う

腕の上部内側をやさしく洗ったあと、使用するハイドロキノン化粧品を少量(約1cm程度の円形)に塗り、自然に乾かします。
しっかり様子を見たい場合は絆創膏で保護しつつ48時間濡らさずにそのままにするのですが、簡易的にする場合は24時間ほど様子を見ます。
赤みやかゆみ等の異常がないか確認し、問題がなければ顔に使用します。

 

初めて使用する際は、濃度の低いものやトライアルがあるものを試す
敏感肌や乾燥肌の方は特に刺激を感じることが多いので、初めてハイドロキノンを使用する時は低濃度のものやトライアルがあるものから始めると安心です。
また、普通の肌の方でも生理前の肌が敏感に傾く時期には使用を避けて、落ち着いた状態の時に試してみるほうがよいでしょう。

 

使用法を守る
クリニックで処方してもらうハイドロキノンも市販のハイドロキノンも、その使用方法は必ず説明があります。
基本的にはシミ部分のみに塗布し、夜のスキンケアの最後に使用するものが多いです。
ただ、最近は全顔に塗れるタイプやスキンケアの最初に使うタイプのものもあるので、個人判断で使用するのではなく必ず使用方法を確認しましょう。

 

保存方法を守る
ハイドロキノンはもともと熱や光に弱く不安定で酸化しやすい成分です。化粧品などに配合されているハイドロキノンは、各メーカーが安定化したハイドロキノンを配合しており、通常は常温保存可能だったり長期保存が可能なものもあります。
しかし、クリニック等で院内製剤されるハイドロキノンには保存料などが入っていないことが多く、冷暗所や冷蔵庫保管が必要なものがあります。
また、使用期間も短く酸化して茶色く変色したようなものは肌の刺激になる可能性があるため、使用しないほうがよいでしょう。

 

紫外線対策を念入りにする
ハイドロキノンを使用する際に最も注意しなくてはいけないのが、紫外線対策です。
シミを作るメラニン色素は、本来、肌細胞が紫外線の影響を受けないように防ぐ役目があります。しかし、ハイドロキノンを塗布することで一時的に紫外線に対して無防備な状態になるため、通常以上に紫外線対策をする必要があります。

 

基本はハイドロキノンは夜のみ使用し、朝の洗顔で洗い流したあとに紫外線対策をします。
日焼け止めに表示されているSPFやPAといった値は、肌1?あたり2gを塗布したばあいのもの。これはかなり厚塗り状態にしなければ出ない値になっています。
通常、一度塗っただけでは表示数値通りのUV効果は得られません。
ハイドロキノンを使用しているときは、厚めにムラなく塗ることは時間が経ったら塗りなおすことも重要です。

 

妊娠中は使用を控える
市販の低濃度ハイドロキノンは使用方法や注意事項の項目に、妊娠中でも使用可能と記載されているものがほとんどです。
しかし、妊娠中のホルモンバランスの崩れや胎児への未知の影響を考えると、妊娠中にハイドロキノンを使用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

休止期間をもうける
一時期話題になった白斑の問題。ハイドロキノンの使用で白斑の報告はありませんが、高濃度のハイドロキノンを長期間使用することでリスクが高まる可能性があります。
高濃度のものは特に長期間同じ個所に塗ることは避けて、3〜4ヶ月程度使用したら1ヶ月程度は肌を休めて、肌の状態を確認してみましょう。

 

ハイドロキノンクリーム 市販 人気ランキング

page top