ハイドロキノンクリーム 市販 ランキング

市販のハイドロキノンクリームで効果が期待できるシミの種類は?

 

ハイドロキノンの効果が期待できるものには何があるのでしょうか?


 

ニキビ跡、やけど跡、傷跡、そばかす、ほくろ、肝斑、色素沈着、クマ、毛穴、目元のクマなど、肌に関する悩みは多いですが、ハイドロキノンクリームはいったい何に効果が期待できるのでしょうか。

 

ハイドロキノンはメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの活性を抑制することでシミを予防し、メラニンを還元することでメラニン色素自体を減少させる働きがあります。
そのため、今ある色素沈着しているようなシミや傷跡に効果が期待できるのです。

 

効果が期待できないものとしては、脂漏性角化症、ほくろ、あざ、炎症のあるニキビ、太田母斑など真皮性のシミには効果が期待できません。

 

ハイドロキノンの効果が期待できるもの

 

肝斑(かんぱん)
主にホルモンバランスの崩れなどが原因で頬から目の周りに左右対称にうっすらと発生するのが特徴。レーザー治療は不向きで、ハイドロキノンなどの外用薬やピーリング、トラネキサム酸の内服薬を併用する治療が多い。

 

雀卵斑(そばかす)
遺伝的要素が強く、両頬や鼻の周りに小さな褐色の斑点が広がるように発生します。通常のシミより小さな斑点で、ハイドロキノンやレーザー治療に向いている。

 

老人性色素斑(しみ)
男女ともに発生し、境界線がハッキリしたシミ。日光に長期間当たる部位に発生することが多く、ハイドロキノンのほかにピーリングやレーザー治療も有効。

 

炎症性色素沈着(ニキビ跡、ケガややけど後の色素沈着)
ニキビややけどの跡、外傷や炎症のあとに色素沈着が起きたもの。ただし、ニキビや傷が治まってないものはハイドロキノンを使うと悪化させる要因になってしまう。ハイドロキノンやピーリングが有効。

 

茶クマ
皮膚の色素沈着により茶色く見える状態。ハイドロキノンやレーザーで治療することが多い。

 

ハイドロキノンクリーム 市販 ランキング

page top