ハイドロキノンクリーム 目元のクマ

市販のハイドロキノンクリームは目元に塗れる?クマに効く?

目の下や目元など、目の周辺は皮膚が薄くデリケートなところ。その目元に市販のハイドロキノンクリームを塗っていいかどうか迷いますよね。

また、目のクマにハイドロキノンクリームが効くのかどうかも知りたいところ。

 

目の周辺、皮膚の薄い箇所にハイドロキノンクリームを塗りたい場合、いきなり濃度の高いものを塗るのは避けて、1〜2%の濃度のもので様子を見る必要があります。

 

目の周囲のシミや目元のクマにハイドロキノンを塗りたい場合、一番安心なのは皮膚科や美容クリニックでハイドロキノンクリームを処方してもらうことです。病院やクリニックで取り扱っているハイドロキノンは、すでに商品として決まった濃度で配合されているものもあれば、院内製剤でハイドロキノンクリームを調合している場合があります。

 

院内製剤でハイドロキノンクリームを調合している場合は、相談すれば濃度を調節してくれますので、低濃度のものから試してみることをおススメします。

 

また、市販のハイドロキノンクリームで目元専用のアイクリーム「アンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレート アイ」を試してみるのもよいでしょう。
アンプルールのトライアルの中にはこの目元専用のクリームは入っていませんが、ハイドロキノンが配合されている「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」を試すことができるので、ハイドロキノンが自分の肌に合うかどうかを確かめることができます。

 

目元のクマにハイドロキノンを塗る場合、クマの種類によっても効果的なものとそうでないものがあります。
クリニックでもハイドロキノンが目元のクマに使われるのは、茶クマといわれるものです。

目元のクマの種類と主な治療方法

青クマ:血行不良により、皮膚から滞った血液が透けて見える状態。
ヒアルロン酸やレーザーで治療する

 

黒クマ:目元のたるみや影により暗く見えている状態。
ヒアルロン酸や脂肪を取り除く施術などで治療する

 

茶クマ:皮膚の色素沈着により茶色く見える状態。
ハイドロキノンやレーザーで治療する

 

ハイドロキノンクリーム 市販 人気ランキング

page top